紀要論文 高校生におけるリスク下の選択の決定要因に関する予備的考察(1)
A Preliminary Consideration about Determinants of Choice under Risk in Japanese High School Students(1)

中村, 勝之

内容記述
本稿では,リスク下のくじ選択について高校生を対象にアンケート調査を行い,くじ選択が基礎学力,学年,性別などでどのような影響にあるのかについて実証的に分析する。その特徴は2点ある。第1に,くじ選択を主成分分析および因子分析で得点化し,それを被説明変数とした。第2に,サンプルをいくつかのサブグループに区分して推計した。 集計から得られた結論は以下の通りである。第1に,賞金の得られる状況ではプロスペクト理論と同様の結果が観察されるが,損失状況ではくじ選択に有意差が観察されない。第2に,くじ選択に性差や学年差がみられた。 実証分析を通じて得られた主要な結論は以下の通りである。第1に,数学能力や高校の偏差値に代理された基礎学力の高いサンプルほどプラス利得の得られる状況でリスク愛好的な選択をする。第2に男子生徒に比べて女子生徒の方がプラス利得の得られる状況でリスク回避的な選択をする。第3に,賞金の高いときに比べて低い賞金のくじを選ぶ際にリスク愛好的な選択をする。
In this paper,using samples of high school students in Japan (_=868), we examine how lottery choices under risk are affected by numeracy, grade, or gender. Its features are two points. First, it converts lottery choices of samples in continuous variables by using the principal component analysis and factor analysis. Second, it is estimated by dividing the samples into several subgroups. The conclusions obtained in this issue are as follow. First, significant difference of lottery choices in the gain situation is observed. But unlike the claims of prospect theory, significant difference of choices in the loss situation is not observed. Second, gender and grade difference is observed in some lottery choices.
本文を読む

https://stars.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=355&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報