Departmental Bulletin Paper 資本自由化による韓国銀行産業への影響
The Effects of Capital Liberalization to the Korean Banking Industry

崔, 聖愛

2008年に発生したグローバル金融危機以降,国際的金融・資本規制の重要性が広く認識されており,過去に金融危機を経験したラテン・アメリカや東アジアのみならず,欧米諸国でも国際資本移動によるリスクに対処する方策を導入・検討している。 グローバル金融危機が再発生することがないよう,資本自由化に関するより多くの比較分析が必要である。本論文はその一環として,韓国の資本自由化を取り上げる。韓国を分析するのは次の理由による。資本取引の自由化発展度は,経済発展,株式市場の活性化,金融市場の発展などの全般的な経済の成熟度によって決定しなければならない。しかし,韓国は金融自由化に対し十分な準備を備えず,過大な資本自由化を実施した結果,1997年通貨危機が発生した。その後IMFからの更なる資本自由化の推進の結果,現在韓国では様々な副作用が発生していると考えられるからである。 本論文の目的は,外国資本の韓国経済にとっての意味を解明することである。現在韓国で発生している諸問題を明らかにすることは,韓国経済が進む方向を考える上では極めて重要であると考えられる。
Since the 2008 Global Financial Crisis, the importance for international finance/capital control has been widely recognized; countries in Latin America and East Asia who have experienced financial crisis in the past and even European countries are considering and/or introducing in plans that will deal with the risks brought about by international capital movement. More comparative analysis regarding capital liberalization is necessary to prevent another global financial crisis. And as an example of that, this thesis will be tackling about the capital liberalization of Korea. As a reason for analyzing Korea, the level of liberalization development has to be determined according to the level of maturity of the country's economy in general, such as economic development, stock market activation and money market development. However, Korea has not sufficiently prepared itself for financial liberalization, and as a result of implementing excessive capital liberalization, the 1997 Currency Crisis broke out. And after further promotion of capital liberalization from IMF, various side effects have been currently occurring in Korea. The clarification of the meaning of foreign capital to the Korean economy is extremely important upon planning the direction of Korea's economy from here on.

Number of accesses :  

Other information