Thesis or Dissertation Channel Estimation for SC-FDMA in LTE Uplink using Data-Domain Pilot Signals and B-Spline Approximation

Nova, Maras, Nurul, Khamsah  ,  マラス, ヌルル, カムサ, ノバ

pp.1 - 24 , 2015-03-25 , The University of Electro-Communications
Description
LTEアップリンク上でシングルキャリア周波数分割多元接続(SC-FDMA)において、通信路速い変動があると間干渉(ICI)が生ずる。そのため、チャネル推定は、LTEアップリンクシステムの堅牢な性能を得るために、特別な注意が必要である。通信路推定のために、我々は、高速フェージング下でのSC-FDMAシステムにおけるデータ領域におけるパイロット信号の挿入を提案する。我々は、通信路推定のために支援するためのデータ領域で、パイロット信号を使用して数学的モデルを開発した。移動体通信では、ドップラー効果がよくRayleigh fadingのモデルによって記述さるが、このモデルは3次B-スプライン関数で近似することができることが知られている。そこで、LTE-アップリンクにおける通信路推定を支援するためにデータ領域内のパイロット信号と3次B-スプライン近似適用を提案する。コンピュータシミュレーションは、他の方式では、ツイスト-OFDMAで実施されている。これは、パイロットが挿入された提案されたスキームBスプライン近似の性能を示すために行わ。結果は、MMSEチャネル推定によるSC-FDMAシステムとの性能を比較した。ドップラースプレッドに対する弱点に、正規化されたドップラー周波数が増加するにつれて、SC-FDMAの性能低下となる。結果は、Bスプライン近似がSC-FDMAシステムにおいて実現することが非常に有望な候補であることを示している。私たちは、今後の研究へのSC-FDMAシステムにおけるBスプライン近似のCモデルの実装のままにしておきます。

Number of accesses :  

Other information