紀要論文 「献身的」な囲い込みに抗う入所者の闘争 : 一心会事件にみるハンセン病療養所の人々のそれぞれの主体性
Resistance Against the Dedication that Confined Hansen’s Disease Patients in the Sanatorium. : The Subjectivity of each Group in the Relieving Sanatorium in Okinawa

鈴木, 陽子  ,  すずき, ようこ  ,  Suzuki, Youko  ,  沖縄大学大学院現代沖縄研究科  ,  沖縄大学地域研究所特別研究員  ,  沖縄大学地域研究所特別研究員  ,  沖縄愛楽園交流会館研究員

(17)  , pp.1 - 19 , 2016-03 , 沖縄大学地域研究所
ISSN:1881-2082
NII書誌ID(NCID):AA12056256
内容記述
沖縄に設立されたハンセン病療養所、国頭愛楽園で、開園時に収容された患者が起こした事件を、入所者2集団と献身的な職員のそれぞれの主体性が絡み合ったものとしてとらえ、事件をめぐる、それぞれの集団の主体的な行動と集団間の関係を入所者の証言、園機関誌などから分析する。
本稿は、沖縄に設立されたハンセン病療養所、国頭愛楽園(以下、愛楽園)開園時に収容された患者が起こした事件を、園内の3集団それぞれの主体性が絡み合ったものとしてとらえ、事件をめぐる、それぞれの集団の主体的な行動と集団間の関係を入所者の証言、園機関誌などから分析する。1938年に設立された愛楽園は患者自身が安心して暮らせる居場所を求めて設立した療養所を前身とし、献身的に職員は働いた。それにもかかわらず、1940年、開園時に収容された患者たちは、一心会事件とよばれる組織的なストライキを起こした。 結果、一心会を中心とする闘争では、療養所を求めた患者集団、献身的であろうとした職員集団、収容された患者集団がそれぞれに主体的に行動していたことが明らかになった。療養所の設立を求めて動いた患者集団は職員とともにより良い療養所を目指したが、それは入所者を抑圧し、管理することにもなった。これに対し、開園時に収容された患者集団は抵抗をしたが、隔離政策下、排除が過酷になる集落へ追放された。各集団の主体性の背後には、差別と抑圧の重層的な構造があることがあぶりだされ、その中で、3集団それぞれの、肯定的に生きることを求めた行動が絡み合ったことが考察された。
本文を読む

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12001/20545/1/No17p1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報