紀要論文 平和構築をめざす体験型異文化間教育 : 交流事業「アジアの架け橋沖縄スリランカプロジェクト」の実践からの考察
Bridge Building and Peace Building : A case study on Developing and Implementing an Experience-based Intercultural Education Program

ディリープ, チャンドララール  ,  でぃりーぷ, ちゃんどららーる  ,  Dileep, Chandralal  ,  沖縄大学人文学部

内容記述
国立沖縄青少年交流の家が主催する文部科学省委託交流事業である「アジアの架け橋沖縄スリランカプロジェクト」~「命と平和」を未来へ~は、平和構築の担い手になる青年を育成することを目的として過去5年間沖縄で行われてきた。この交流プログラムの実践を通して、異文化間教育における平和構築の可能性を探ってみる。まず、プロジェクトの構想と異文化間教育や平和教育の学習領域や主な学習内容などの基本的枠組みの妥当性を検討し、それから参与観察、アンケート調査、ヒヤリングなどの方法を使って、実践の結果を分析する。最後に、実践から見えてくる可能性を描きながらも、集中的異文化間交流の課題と問題点に目を向ける。
This paper discusses the potential of experience-based intercultural education for peace building by treating “Asian Bridge: Okinawa Sri Lanka Project for Passing down ‘Life and Peace’” as a case study.The project has been conducted in Okinawa for the past five years, annually inviting a group of junior high school students from Sri Lanka. The research follows three stages of analysis. First, the paper shows that there is a solid concept behind the project. Second, turning to the aspects of implementation, the research examines the results of the surveys conducted among students. Finally, the author critically reviews several kinds of practical problems and conflicts that remain to be resolved.
本文を読む

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12001/20446/1/no18p49.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報