Departmental Bulletin Paper 琉球列島におけるシュロ(Trachycarpus excelsus) の消失
The disappear of Trachycarpus excelsus in Ryukyu Archipelago

盛口, 満  ,  もりぐち, みつる  ,  Moriguchi, Mituru  ,  沖縄大学人文学部

Description
琉球列島の里山は1960 年代以降、大きくその姿を変化させてきた。そのかつての琉球列島の里山を有用植物に関する聞きとり調査から復元しようと試みている。シュロはすぐれた繊維利用植物として各地で使用されてきた。現在も本土では普通にみられるシュロは、琉球列島においてその姿を見ることがほとんどない。しかし、かつては池間島などの例外を除くと、各島で利用されていたことが明らかとなった。
The change of Satoyama at Ryukyu Archipelago is considerably after 1960’s. This investigation is oral history of useful plants , that purpose is restoration of Satoyama. Trachycarpus excelsus is very useful plant for fiber. T. excelsus is generally in main land, while it is disappear now at in Ryukyu Archipelago. However it was used all islands of Ryukyu Archipelago except Ikema Island etc.
Full-Text

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12001/20405/1/no18p1.pdf

Number of accesses :  

Other information