紀要論文 日本と中国の農地権利システムの変貌
Transformation of Farmer's Land Rights System in Japan and in China

小川, 竹一  ,  おがわ, たけかず  ,  Ogawa, Takekazu  ,  地域研究所特別研究員  ,  愛媛大学法文学部教授

(16)  , pp.165 - 178 , 2015-09 , 沖縄大学地域研究所
ISSN:1881-2082
NII書誌ID(NCID):AA12056256
内容記述
日本と中国は所有制度も、農業に関わる条件も異なるが、「耕作者主義」に基づく家族経営農業の変化と農地権利システムの転変という視点から、両者の比較検討は一定の意義を有する。両国においても原因条件は異なるが、耕作者主義に基づく権利システムは、大きな変化を迫られている。日本では、農業従事者の危機的減少により、農業生産法人による効率的な農業経営に適合的な法制度の修正や一般株式会社の農業参入の許容がなされた。中国でも、若年壮年層の都市への出稼ぎ(農民工)の恒常化で、専業農家と出稼農家の請負権の出資による農民専業合作社の設立が奨励されたり、農業関連企業(龍頭公司)によるリース経営が許容されている。本稿では、「耕作者主義」の理念とは矛盾をはらむ、農民の土地出資による法人経営あるいは株式企業リース経営が、両国の農地権利システムに根底的な変化を生じされるものであるのかを検討する。
本文を読む

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/okinawa/18866/1/no16p165.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報