紀要論文 恋愛経験は結婚の前提条件か : 2015年家族形成とキャリア形成についての全国調査による量的分析
Is Romance Required to Get Married? : Quantitative Analyses of 2015 National Survey on Family Formation and Career Formation in Japan

小林, 盾  ,  大﨑, 裕子

(24)  , pp.1 - 15 , 2016-03-10 , 成蹊大学大学院文学研究科
ISSN:09191488
NII書誌ID(NCID):AN10410367
内容記述
この論文では、「結婚まえの恋愛経験が、結婚のための前提条件であるのか」というリサーチ・クエスチョンを検討した。これまで、恋愛経験が量的に測定されることが、ほとんどなかった。そこで、「2015年家族形成とキャリア形成についての全国調査」を実施し、全国の20~69 歳の個人1万2007人から、初婚までの恋人人数、デート人数、キス人数、性関係人数をデータ収集した。結婚経験の有無を従属変数とし、ロジスティック回帰分析をおこなった。その結果、(1)恋愛人数が1人以上いることの効果を調べたら、男女とも恋人やキスが1人以上いると、結婚のチャンスがあがった。(2)恋愛人数の量の効果を調べたら、男性はデート人数とキス人数が、女性は恋人人数とキス人数がふえるほど、結婚のチャンスがあがった。したがって、結婚まえの恋愛経験のうちとくに恋人とキスが、結婚のための前提条件とはいえないまでも、促進要因となっていることがわかった。
本文を読む

http://repository.seikei.ac.jp/dspace/bitstream/10928/759/1/jinbun-24_1-15.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報