紀要論文 野外教育における活動量とコミュニケーションの関係性に関する試み
ヤガイ キョウイク ニオケル カツドウリョウ ト コミュニケーション ノ カンケイセイ ニ カンスル ココロミ
Attempts on Relationship between exercise quantity and communication in outdoor educational activities

南  , 隆尚  ,  松井 , 敦典  ,  坂口 , 聖徳  ,  中本 , 貴規

32pp.225 - 228 , 2018/02 , 鳴門教育大学地域連携センター , Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN:1880-6864
NII書誌ID(NCID):AA1212544X
内容記述
現代の子どもたちの特徴として,コミュニケーション能力の低下があげられる。野外教育がコミュニケーション能力改善策の一つとして挙げられ,様々な研究が行われている。本研究では,野外教育における活動量とコミュニケーションの関係を把握することを目的とした。授業として実施された野外活動に参加する大学生17名(男子9名,女子8名)を対象とし,活動量とコミュニケーションについて調査した。その結果,活動量とコミュニケーションの間には弱い関係性が見られ,特に男子では有意な相関が見られた。自主的な活動が中心となる野外教育において,活動量が参加者のコミュニケーションに関わる要因となることが示唆された。
Recent children’s characteristics are declining communication skills. Outdoor activities are one of the measures to improve communication skills and various researches are being conducted. The purpose was to grasp the relationship between activity amount and communication in outdoor activities. 17 university students participating in outdoor activities for class were surveyed on the amount of activity and communication. As a result, a weak relationship was found between activity level and communication, significant correlation was seen especially in boys. In outdoor activities focused on self judgment, It was suggested that there is involvement in activities and communication.
本文を読む

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/4028/20180320140330/ga32026.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報