Departmental Bulletin Paper 視写による作文学習の効果 : 大学院生を対象とした事例研究を通して
シシャ ニヨル サクブン ガクシュウ ノ コウカ : ダイガク インセイ オ タイショウ トシタ ジレイ ケンキュウ
An Effectiveness of Copying and Reading the Famous Author’s Anthology : Case Study of a Graduate Student

江川 , 克弘

32pp.209 - 217 , 2018/02 , 鳴門教育大学地域連携センター , Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN:1880-6864
NCID:AA1212544X
Description
複数の研究において,視写による作文学習は文章力を高めるのに有効な学習方法の1つであると論じられている。しかし,これらの研究は長期的な調査による研究でなかったり実証的な研究でなかったりする。そのため,本研究では,視写による作文学習を1人の大学院生が10ヶ月間行うことによって文章力を高めることができるかどうかについて検証している。その結果,調査対象者の大学院生の文章力は高まっていた。さらに,当該大学院生へのインタビューの結果から,当該大学院生は視写による作文学習を行うプロセスで様々なことを学んでいることも分かった。以上のことから,視写による作文学習を現代の教育現場に導入することは有効であると考えられる。
Multiple studies have showed that a learning method using copying is one of the effective learning methods to improve learner’s writing ability. But they were not long-term research or empirical studies. In this study, a graduate student had copied and read the famous author’s anthology for ten months. Then, I examined whether his writing ability was improved or not. As a result, I found that his writing ability was improved. And, from the results of the interview, I found that he had learned a variety of things in the process of copying and reading the famous author’s anthology. The results of this study show that it is effective to ntroduce the learning method, that is copying and reading the famous author’s anthology, to education.
Full-Text

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/4026/20180320132011/ga32024.pdf

Number of accesses :  

Other information