紀要論文 図画工作科授業において児童にエンゲージメントを作り出す試み
ズガ コウサクカ ジュギョウ ニオイテ ジドウ ニ エンゲージメント オ ツクリダス ココロミ
Attempt to Develop Engagement for Elementary Students in Arts and Craft Lessons

森, 裕二郎  ,  池田 , 誠喜

32pp.71 - 78 , 2018/02 , 鳴門教育大学地域連携センター , Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN:1880-6864
NII書誌ID(NCID):AA1212544X
内容記述
本研究は,エンゲージメントに着目した授業を実践し,その成果と課題を検討することを目的とした実践報告である。授業の工夫として,(1)行動エンゲージメントの工夫,(2)感情エンゲージメントの工夫,(3)認知的エンゲージメントの工夫,の3つの手立てを計画し授業実践を行った。効果の検証のため,児童のエンゲージメント状態を測定するためのエンゲージメント尺度を作成し,同尺度を用いた検証と児童の振り返り記述を用いた検証を行った。結果,エンゲージメントの要素である認知的エンゲージメントに対する支援について効果が見られた。課題として,教師による児童のニーズの把握の必要性が示唆された。
This paper is a practical report aimed at practicing lessons of arts and crafts focusing onengagement and examining the outcomes and problems of practice. As a way of teaching, we practiced classes by planning three methods: (1) Behavior engagement, (2) Emotional engagement, and (3) Cognitive engagement. As a verification method, the engagement scale for measuring the engagement state was created and measured, and verification using the child's retrospective description was performed. As a result, it was effective for support for cognitive engagement which is an element of engagement. For further improvement, it was suggested that teachers are required to understand the needs of children.
本文を読む

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/4012/20180316153254/ga32010.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報