紀要論文 主体的・対話的で深い学びを目指した道徳科の実践
シュタイテキ タイワテキ デ フカイ マナビ オ メザシタ ドウトクカ ノ ジッセン
A Practical Study of Moral Lessons for Agentic, Interactively and Deep Learning

斉藤, 想能美  ,  池田 , 誠喜

32pp.61 - 69 , 2018/02 , 鳴門教育大学地域連携センター , Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN:1880-6864
NII書誌ID(NCID):AA1212544X
内容記述
本研究は,小学校道徳科において,児童の学習が主体的・対話的で深い学びとなるような授業を通して道徳性を高めることを目指した授業実践報告である。授業の工夫として,(1)テーマ発問を取り入れた学習形態,(2)学習ツールの活用,(3)協同的なコミュニケーション,の3点を重点とした授業を構成した。小学校中学年33名のクラスを対象として,道徳の内容項目B-(2)「友達と互いに理解し,信頼し,助け合うこと」を2時間連続で取り扱った。1時間目の資料は「泣いた赤鬼」,2時間目の資料は「さとしの心」を用いた。授業の成果と課題を明らかにするために,それぞれの時間ごとの児童ノートの記述,授業の様子,振り返りを記述したデータを検討した。結果,授業構成上の工夫と展開における一定の成果と課題が明らかになった。
This research is a practical report aimed at fostering morality by lessons in which children'slearning is agentic, interactive and deep learning in elementary school moral education. As a devised lesson, we constructed lessons focusing on three points: (1) theme questioning, (2) Utilization of learning tools, (3) Cooperative communication. For classes of 33 elementary school students, moral content item B -(2) "To mutually understand, trust and help each other with friends" was conducted for 2 hours. In order to clarify the outcomes and problems of the classes, we examined data describing the description of child notes, the state of classes, and retrospect for each hour. As a result, certain outcomes and challenges in ingenuity and development in class composition were clarified.
本文を読む

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/4011/20180316145844/ga32009.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報