紀要論文 教職大学院と県教育委員会・教育センターとの連携による主幹教諭・指導教諭研修プログラムの成果と課題 : 研修受講者と教職大学院教員への聞き取り調査を通して
キョウショク ダイガクイン ト ケン キョウイク イインカイ キョウイク センター トノ レンケイ ニヨル シュカン キョウユ シドウ キョウユ ケンシュウ プログラム ノ セイカ ト カダイ : ケンシュウ ジュコウシャ ト キョウショク ダイガクイン キョウイン エノ キキトリ チョウサ オ トオシテ
The outcomes and problems of the chief teacher and leading teacher training program by cooperation with the Graduate School of Education and the prefecture Board of Education,the education center

福田 , 幸司  ,  大林 , 正史  ,  前田 , 洋一  ,  藤井, 伊佐子  ,  日切  , 寛

32pp.147 - 158 , 2018/02 , 鳴門教育大学地域連携センター , Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN:1880-6864
NII書誌ID(NCID):AA1212544X
内容記述
本稿の目的は,A大学教職大学院とB県教育委員会・教育センターとの連携により実施している主幹教諭・指導教諭研修の受講者への聞き取り調査を通して,研修プログラムの成果と課題を明らかにすることである。分析の結果,次の2点等が明らかになった。①指導教諭はこの研修で一定の力量を獲得しているが,学校種によっては獲得した力量を発揮することができない環境に置かれている。②受講者は研修の内容には満足しているものの,大学教員にはさらに深い指導を求めている。
The purpose of this study is to clarify the outcomes and problems of the training program through interview survey to trainees of the chief teacher and leading teacher training implemented by cooperation with the Graduate School of Education and the prefecture Board of Education,the education center . As a result of the analysis, the following two points were clarified. ① Teaching supervisors have acquired a certain level of competence in this training, but depending on the school type, they are in an environment where they cannot demonstrate their competence. ② Although students are satisfied with the content of the training, they are seeking further deep guidance from university faculty.
本文を読む

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/4019/20180319151855/ga32017.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報