Departmental Bulletin Paper 子どもの最近接発達領域を考慮した授業構成の検討 : 小学校第5学年国語科における実践を踏まえて
コドモ ノ サイキンセツ ハッタツ リョウイキ オ コウリョ シタ ジュギョウ コウセイ ノ ケントウ : ショウガッコウ ダイ5ガクネン コクゴカ ニオケル ジッセン オ フマエテ
The Examination on the Contents of the Class Giving Special Consideration to Children’s Zone of Proximal Development, Based on the Educational Practice of the 5th Grade Japanese Class

皆川 , 直凡  ,  横山 , 武文

32pp.37 - 44 , 2018/02 , 鳴門教育大学地域連携センター , Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN:1880-6864
NCID:AA1212544X
Description
小学5年生を対象に物語教材「手ぶくろを買いに」の授業を行い,児童が紙芝居の読み聞かせや精読をとおして,作者の表現意図を読み取り,考えたことや感じたことを表現できるようにすることを目指した。作者の気もちや考えを読み取る活動から,作者が表したかった心情を深く考える機会をもち,共感しながら話合いを進められるように支援した。ワークシートへの記入と発表により,教育効果を確認した。
In this study, authors take Japanese class using Kamishibai in 5th grade at elementary school. Firstly, teacher read Kamishibai. Secondely, Children read Kamishibai with coorerative learning. Vertical interaction and horizontal interaction was observed in zone of proximal development. The Japanese erucation using Kamishibai educated expressiveness and sympathy. This method of education is considerd as active lerning
Full-Text

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/4008/20180316112036/ga32006.pdf

Number of accesses :  

Other information