紀要論文 児童用の紙筆版セルフ・エスティーム潜在連合テスト : 実施の手順と採点方法の詳細の紹介,そして課題順序カウンターバランスの削除可能性の検討
ジドウヨウ ノ シヒツバン セルフ エスティーム センザイ レンゴウ テスト : ジッシ ノ テジュン ト サイテン ホウホウ ノ ショウサイ ノ ショウカイ ソシテ カダイ ジュンジョ カウンター バランス ノ サクジョ カノウセイ ノ ケントウ
The Paper and Pencil Version of Self-Esteem Implicit Association Test for Children : Implementation procedure and scoring method, and an examination of the possibility for omitting the counterbalance in the task orders

横嶋 , 敬行  ,  山口 , 悟史  ,  賀屋 , 育子  ,  内田, 香奈子  ,  山崎 , 勝之

32pp.101 - 110 , 2018/02 , 鳴門教育大学地域連携センター , Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN:1880-6864
NII書誌ID(NCID):AA1212544X
内容記述
本研究は,自律的セルフ・エスティームを測定するための児童用紙筆版セルフ・エスティーム潜在連合テスト(SE-IAT-C)の実施の手順および採点方法の詳細を紹介するとともに,学校現場での簡便な使用のためにSE-IAT-Cの組み合わせ課題のカウンターバランスの必要性について検討した。調査は小学生581名(男児281名,女児300名)と担任教員10名に行った。その結果,妥当性はカウンターバランスの有無にかかわらず,横嶋ら(2017)と同様の結果が確認された。信頼性は自分と快刺激の組み合わせ課題で始まるパターンよりも,自分と不快刺激の組み合わせ課題で始まるパターンの方が比較的に安定していた。学校教育の場等でSE-IAT-Cを実施する場合は,冊子作成や採点の時間的コストを削減するために,上記の構成でカウンターバランスを取らずに実施することが可能であると考えられた。
The present paper aimed to depict the implementation procedure and scoring method of the Paper and Pencil Version of Self-Esteem Implicit Association Test for Children (SE-IAT-C) , along with an examination of the possibility for omitting the counterbalance in the task orders for simple implementation at schools. The SE-IAT-C is a measure to autonomous self-esteem. Participants were 581 children (281 males and 300 females) and 10 home room teachers in two public elementary schools. Results revealed the same level of validity as Yokoshima et al. (2017) no matter whether the counterbalance. The reliability was relatively more stable when the task is started from the self and unpleasant task compared with the self and pleasant task. Therefore, the results suggested that the SE-IAT-C is possible to implement without the counterbalance, starting from the self and unpleasant task, which would lead to reducing the burden for teachers in terms of the time and labor costs to prepare the questionnaire and score the results at schools.
本文を読む

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/4015/20180319112248/ga32013.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報