紀要論文 「自律的セルフ・エスティーム」を育成するユニバーサル予防教育の教育目標の確立と授業方法の開発方針
ジリツテキ セルフ エスティーム オ イクセイ スル ユニバーサル ヨボウ キョウイク ノ キョウイク モクヒョウ ノ カクリツ ト ジュギョウ ホウホウ ノ カイハツ ホウシン
Development of the purposes of a universal prevention program for autonomous self-esteem and a plan for developing educational methods

山崎 , 勝之  ,  内田, 香奈子  ,  横嶋 , 敬行  ,  賀屋 , 育子  ,  道下 , 直矢

32pp.91 - 100 , 2018/02 , 鳴門教育大学地域連携センター , Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN:1880-6864
NII書誌ID(NCID):AA1212544X
内容記述
最近,山崎ら(2017)は,セルフ・エスティームの概念を再考し,自律的ならびに他律的セルフ・エスティームに分類した。自律的セルフ・エスティームは健康,適応,そして遂行に好影響をもたらし,他律的セルフ・エスティームはしばしばそれらに悪影響をもたらす。そこで,何らかのプログラムを用いて,学校で自律的セルフ・エスティームを高める必要がある。トップ・セルフ(いのちと友情の学校予防教育)と呼ばれる一群のユニバーサル予防教育プログラムに自己信頼心(自信)の育成プログラムが含まれている。このプログラムは自律的セルフ・エスティームを高めることができるが,本来このセルフ・エスティームを高めることに特化して開発されたプログラムではない。そこで本論文では,より効果的に自律的セルフ・エスティームを育成できるように,自己信頼心(自信)の育成プログラムの目標を改訂した。また,目標の改訂に伴って必要になる教育方法の改訂についても,その望ましい改訂方針を示唆した。こうして,目標と方法の改訂が完了すれば,自律的セルフ・エスティームの育成プログラムの完成版が学校において広く実施されることが期待される。
In recent years, Yamasaki et al. (2017) revised the concept of self-esteem, dividing it into autonomous and heteronomous self-esteem. Autonomous self-esteem is beneficial for health, adjustment, and performance, while heteronomous self-esteem is often detrimental to them. Therefore, autonomous self-esteem needs to be enhanced in schools, utilizing certain program. A group of univarsal prevention programs termed "TOP SELF (Trial Of Prevention School Education for Life and Friendship: TOP SELF) " includes a program for the development of self-confidence. Although this program can be used to enhance autonomous selfesteem, it is not a program originally for improving autonomous self-esteem. The current paper revised the purposes of the program for the development of self-confidence so that the program could improve autonomous self-esteem more effectively. Also, along with the revision of the purposes, this paper suggested the possible promising directions to modifying the methods of the present self-confidence program. Thus, after the selfconfidence program is fully revised in terms of the purposes and methods, the completed version of the program for the development of autonomous self-esteem will be hopefully implemented in a wide range of schools.
本文を読む

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/4014/20180319103437/ga32012.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報