紀要論文 拡張現実を用いた地球観測技術の疑似体験型教材の開発
カクチョウ ゲンジツ オ モチイタ チキュウ カンソク ギジュツ ノ ギジ タイケンガタ キョウザイ ノ カイハツ

馬, 文鵬  ,  矢野, 慶志郎  ,  伊藤, 陽介

13pp.49 - 53 , 2016-03 , 鳴門教育大学情報基盤センター
ISSN:1882-3661
NII書誌ID(NCID):AA12563855
内容記述
地球環境問題の深刻化とともに人工衛星に搭載された様々なセンサによる持続的な地球観測の重要性が高まり,特に合成開口レーダのような電波を利用した地球環境計測が普及してきた。地球観測のみならず様々な用途で電波が利用される現在においては,電波に関する基礎的・基本的な知識をもつことの必要性は高まっている。本論文では,人工衛星に搭載されたアンテナから放射された電波を地上で計測する活動を通して地球観測技術を体験的に学習するプログラムについて述べるとともに,疑似体験教材の利用を提案し,拡張現実技術を用いて開発したタブレット型パソコン用疑似体験教材アプリとその利用例について示した。
本文を読む

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/929/20161116143345/j13008.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報