Departmental Bulletin Paper 道徳的行為生起モデルに基づいた道徳の時間の実践的研究
ドウトクテキ コウイ セイキ モデル ニ モトズイタ ドウトク ノ ジカン ノ ジッセンテキ ケンキュウ
Practical Study of Moral Lessons that are Based on the Moral Behavior Occurrence Mode

多田, 想能美  ,  池田, 誠喜

30pp.45 - 54 , 2016/02 , 鳴門教育大学地域連携センター , Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN:1880-6864
NCID:AA1212544X
Description
本研究は,道徳の時間で取り扱う内容項目に対して,道徳的行為生起モデルに基づいて道徳的心情を深めることをねらいとした授業の後,道徳的実践意欲を高めることをねらいとする「道徳の時間」を配置することにより,児童が道徳的価値の理解を深め自己の生き方について考えを深めることを目指した授業実践報告である。  小学生低学年34名のクラスを対象として,小学校道徳学習指導要領の内容項目2-⑵ 「幼い人や高齢者など身近にいる人に温かい心で接し,親切にする。」を2時間連続で取り扱った。1時間目の資料は「はしのうえのおおかみ」,2時間目の資料は「ぼくのはなさいたけど」を用いた。授業の効果の検証は,それぞれの時間ごとの児童の振り返りを記述したデータを分析する方法で実施された。結果,道徳性を構成する諸様相を道徳的行為生起モデルにそって実施した事で,児童の道徳的実践意欲の高まりが認められた。
This study describes a practice report that to think about way of life deepen the understanding of the moral values of children. This practice has been carried out on the basis of the moral act occurrence model. The lesson which enhancing the moral practice motivation was conducted after the lesson which aimed to deepen moral emotion. Elementary school lower grades 34 students participated. A Content item of moral value 2-⑵ of "elementary school curriculum guidelines" was conducted in two lessons. We used article "Hashinoue no Ohkami" in the first lesson. In the second lesson .We used article "Bokuno Hana Saitakedo".  The effects of lessons was conducted in a way to analyze the data that describes the retrospective of children each time. As a result, we reported that the children of moral practice motivation were increased.
Full-Text

http://www.naruto-u.ac.jp/repository/file/844/20161116132455/ga30007.pdf

Number of accesses :  

Other information