紀要論文 床上時間や消灯時間が施設入所高齢者の夜間睡眠に与える影響

小西, 円  ,  西田, 佳世

12 ( 1 )  , pp.47 - 50 , 2015-12-31 , 愛媛県立医療技術大学
ISSN:18805477
内容記述
本研究は,65歳以上の老人保健施設入所高齢者30名を対象に,床上時間や消灯時間が入所者の夜間睡眠に与える影響を明らかにすることを目的とした。協力者に対しアクティグラフを用いて睡眠変数(総睡眠時間,中途覚醒回数,睡眠効率)を測定し,20時の消灯時間から入眠時間までの就寝前床上時間が1時間未満の未満群とそれ以上の以上群の2群に分け比較した。その結果,協力者の平均就寝前床上時間は74.5分であった。以上群15名の就寝前床上時間は平均124.2分であり,平均24.7分の未満群15名と比較して総睡眠時間が短く,中途覚醒回数が多く,睡眠効率は低かった。この結果から,入所者の就寝時間に合わせたベッドへの誘導を行い,照度や消灯時間の調整を行うことも入所者の睡眠を整えるためには大切であることが示唆された。
本文を読む

http://iyokan.lib.ehime-u.ac.jp/dspace/bitstream/iyokan/4773/1/kiyou12-47-50-konishi.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報