Departmental Bulletin Paper 授業プログラムの検討~保育内容「表現」の授業を通して~

土井, 晶子

(16)  , pp.169 - 177 , 2018-03-31 , 共栄大学
ISSN:1348-0596
Description
本研究の目的は,保育内容-表現について「園環境が育む子どもの感性と表現」の授業実践を通して,学生への課題からどのような授業を展開していくことが,学生の理解を深め,より深い学びとして身についていくのか,その効果を検討することである。本研究では,学生に課した「園環境が育む子どもの感性と表現」に関連する2つの課題を,「時間」「空間」「モノ」「人」という視点等から分類・集計し,その記述内容を分析した。その結果,課題①からは,ほとんどの学生が子どもの遊びと空間を捉えている内容の記述を行っており,園庭の環境を理解し,子どもの具体的な遊びをイメージすることができていることが分かる。また,課題②からは,幼児の感性や創造性を豊かにする様々な環境の構成について,空間的視点が深く理解されていることが分かる。このことから,本研究での授業のねらいである子どもの豊かな感性と表現は,周囲の環境とのかかわりのなかで育まれることを理解し,保育実践者として意識をもって,「子どもの感性と表現」を育む園庭環境について考えることができるようなったと推測される。
Full-Text

https://kyoei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=580&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information