紀要論文 「『アール・ブリュット』作品の鑑賞行為」に関する考察─「武蔵野アール・ブリュット 2017」来場者アンケートの分析と考察─

井ノ口, 和子

(2)  , pp.57 - 72 , 2018-02 , 共栄大学
ISSN:2433-4367
内容記述
アール・ブリュット(art brut)はフランス語で「生(き)の芸術」を意味する言葉であり,現在では「美術教育を受けていない人の美術」,「障害者の美術」と理解されている。本研究は「武蔵野アール・ブリュット2017」における鑑賞者アンケートの回答と記述を分析・考察し,鑑賞者がアール・ブリュット作品から何を感じとるのかを明らかにすることを目的とする。その結果,鑑賞者は「自分の価値観の広がり」や「アートを身近に感じることができた」という印象をもつことがわかった。アール・ブリュット作品を鑑賞することは,従来の美術の枠組みに縛られず,自分なりの新しい価値を創造する可能性をもつものである。
本文を読む

https://kyoei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=559&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報