Departmental Bulletin Paper 研究ノート 不動産取引法研究序説~不動産取引法と「法社会学」・「法と経済学」~
An Introduction to Real Estate Trading Law from Viewpoint of Sociology of Law or Law and Economics

寺門 , 孝彦

(15)  , pp.31 - 47 , 2017-03-31 , 共栄大学
ISSN:13480596
NCID:AA1183870X
Description
 本稿は、不動産取引法に関して、伝統的な法律学の視点からではなく、法社会学や「法と経済学」の視点から考察するものである。とりわけ「法と経済学」に焦点を合わせ、特に制度理論、いわゆる新制度派経済学の領域である情報の非対称性、取引費用、エージェンシー、不完備契約の諸理論からアプローチする。そしてさらに、最近の新古典派経済学、なかでも効率性と富の極大化の観点から、効率的契約違反論について考察することにする。なお、「法と経済学」については、わが国や欧米の先行研究の資料収集が不十分で、未だ研究途上にあるため、本稿は「研究ノート」として掲載することにする。
Full-Text

https://kyoei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=548&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information