Departmental Bulletin Paper 学地融合教育展開の好循環の仕組みの考察 : 学校施設活用の実践事例を通して
A Study of the System to Promote the Circulation of School - Local Community United Education : In the View of Practical Cases Using the School Facilities

伊倉, 晶子

(15)  , pp.49 - 71 , 2017-03-31 , 共栄大学
ISSN:13480596
NCID:AA1183870X
Description
筆者は、15 年以上の市民活動実践の中で、地域の学校には学校教育という範囲にとどまらず幅広い地域課題を解決する機能が備わっていると感じてきた。更に、市民の税金で設置される「公立義務教育諸学校(以下、学校)」は「地域の財産」であり、財産としての学校の役割について、学校と地域住民の双方が日頃より意識すべきではないかとも感じる。 本稿では、地域住民が「学校施設」を活用することで実現した、イベント型連携から日常型連携に展開する実践事例について述べる。 更に、日常型連携の活動推進の方向性について、学校と地域住民の融合によって双方の教育力を高める「学地融合教育」を提唱する。
Full-Text

https://kyoei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=533&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information