紀要論文 小学校外国語活動の指導に対する教育学部生の意識 : 意識構造と個人差を焦点に
Pre-service teachers' perception of teaching English at elementary school : Focusing on factors comprising the perception and individual differences
ショウガッコウ ガイコクゴ カツドウ ノ シドウ ニタイスル キョウイク ガクブセイ ノ イシキ : イシキ コウゾウ ト コジンサ オ ショウテン ニ

名畑目, 真吾  ,  Shingo, Nahatame

14pp.217 - 232 , 2016-03-31
NII書誌ID(NCID):AA1183870X
内容記述
本研究は,教育学部2 年次に属する124 名の学生を対象として,小学校外国語活動の指導に対する学生の意識の構造と個人差を明らかにしようとしたものである。外国語活動の指導における様々な要因の必要性を5 段階で評価する質問紙調査を行い,その回答データについて探索的因子分析を行った。その結果,「教員の英語力」と「異文化理解と外的要因との協力」の2 つの因子が抽出された。また,英語や外国語活動への態度によって学生を3 つのグループに分類し,先の分析で得られた因子得点を比較したところ,「異文化理解と外的要因との協力」についてグループ間にその必要性の認識の違いが見られた。これらの結果に基づき,外国語活動指導の観点から小学校教員養成課程に対する示唆を述べた。
This study explored the factors comprising pre-service teachers' perception of teachingEnglish at elementary school. A total of 124 university students from the education departmentresponded to the questionnaire asking them to rate on a five-point scale the necessityof several factors for teaching English at elementary school. An exploratory factoranalysis revealed that two factors summarized the questionnaire items, which were labeledas "Teachers' English skills" and "Understanding of different culture and support by externalsources." Additionally, the students were classified into three clusters according totheir attitudes toward English learning and teaching English at elementary school. Thecomparison of factor scores for each retained factor indicated a significant difference inthe perceived necessity of the second factor (i.e., understanding of different culture andsupport by external sources) among these clusters. Based on these results, this study provided suggestions for training pre-service elementary school teachers.
本文を読む

https://kyoei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=159&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報