Departmental Bulletin Paper アルコールを身体に保有した状態でスマートフォンの画面を注視しながら自動車を運転し、歩行者四名に衝突して三名を死亡、一名を負傷させた事案について、危険運転致死傷罪の成立を認め懲役二二年を言い渡した原判決を維持し控訴を棄却した事例(小樽飲酒ひき逃げ事件控訴審判決)
Case study

神元, 隆賢  ,  KANMOTO, Takayoshi

51 ( 4 )  , pp.701 - 713 , 2016-03-31 , 北海学園大学法学会
ISSN:03857255
NCID:AN00228753
Full-Text

http://hokuga.hgu.jp/dspace/bitstream/123456789/3088/1/08_%e7%a5%9e%e5%85%83%e5%85%88%e7%94%9f.pdf

Number of accesses :  

Other information