紀要論文 建物の賃貸人がその建物内で1 年数か月前に居住者が自殺した事実があったことを知っていながら故意に賃借人に告げずに賃貸借契約を締結したことが不法行為を構成するとされた事例
Case study

大滝, 哲祐  ,  OHTAKI, Tetsuhiro

51 ( 2 )  , pp.217 - 231 , 2015-09-30 , 北海学園大学法学会
ISSN:03857255
NII書誌ID(NCID):AN00228753
本文を読む

http://hokuga.hgu.jp/dspace/bitstream/123456789/2910/1/03_%e5%a4%a7%e6%bb%9d.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報