紀要論文 交通トラブルの際に被害者に大声で文句を言って口論となり、被害者を暴力団関係者と誤信し逃げようとして、被害者から肩をつかまれた状態で自動車を発進させ負傷させた場合について、正当防衛、過剰防衛及び誤想過剰防衛の成立を認めなかった事例
Case study

神元, 隆賢  ,  KANMOTO, Takayoshi

51 ( 1 )  , pp.153 - 167 , 2015-06-30 , 北海学園大学法学会
ISSN:03857255
NII書誌ID(NCID):AN00228753
本文を読む

http://hokuga.hgu.jp/dspace/bitstream/123456789/2876/1/04_%e7%a5%9e%e5%85%83.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報