紀要論文 スズキの発展
A Study on the Development of Suzuki Motor Ltd.

齋藤, 憲

7 ( 1 )  , pp.49 - 62 , 2017-07-20 , 専修大学経営研究所
ISSN:2186-9251
NII書誌ID(NCID):AA12562863
内容記述
本研究は,スズキの発展過程を分析する。スズキの歴史は1909年鈴木式織機製作所を創立した時に始まり,第二次大戦後の54年鈴木自動車工業と改称されて,次第にオートバイ,さらに軽四輪自動車メーカーに転換していった。80年代にはインドやハンガリーといった発展途上国へ進出して,成功した。スズキの経営の特徴は婿養子による経営で,二代,三代は初代の娘婿,四代は二代の娘婿であった。優れた人材を婿養子として事業を承継し,現在3兆円を超える大会社へと成長した。
This study shows the development of Suzuki Motor Limited. History of Suzuki started from a textile manufacturer in 1909 and changed a corporation producing motorcycles and light motorcars in 1954 and succeeded in finding its way into developing countries such as India and Hungary aiming motorcars-produce in 1980's. The founder and his sons-in-law adopted into Suzuki families have been managing their company for 108 years, and it has become a big company.
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11554&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報