紀要論文 南部経済回廊(ベトナム~カンボジア)のビジネス環境
The Cross-border Business Climate along South Economic Corridor (Vietnam and Cambodia)

小林, 守

105pp.57 - 66 , 2017-07-20 , 専修大学学会
ISSN:0386-5819
NII書誌ID(NCID):AN0013244X
内容記述
メコン地域諸国を東西に連結する陸上ルート「東西経済回廊」,「南部経済回廊」。2014年の前者に続いて,今回(2017年2月)は後者(ホーチミン市―プノンペン区間)を走破し,その周辺のビジネス環境,すなわちクロスボーダービジネス環境を調査した。本稿では前回の知見を踏まえて「南部経済回廊」のビジネス環境の概要を報告する。本ルートは既に多くの定期便バスおよび定期便輸送貨物が走行しており,周辺の経済特別区(SEZ)にも外国資本の生産工場が多く立地しつつある。周辺を流れるメコン川水系を利用した伝統的な河川交通網とも補完しあった相乗効果が発揮されているようであり,山間部を貫通する「東西経済回廊」に加えて,メコン進出の日系製造業にとってサプライチェーンに関わるビジネス環境がより整ってきている。日本企業もこうした変化により一層関心を高める時期に来ている。
East Economic Corridor and South Economic Corridor connect logistics among Mekong countries (Vietnam, Laos, Cambodia, Thailand and Myanmar.) Since I have already explored the former one, the paper will show the summary of my exploration on the latter one, which was conducted in February, 2017. Compared with East West Economic corridor, South Economic Corridor is more developed from the view point of FDI, logistics industry and tourism. In addition, seemingly, it has some advantage in terms that the route can enjoy efficiency in collaboration with conventional inland-water logistics. The on-going road-infrastructure development will give further positive effect on Japanese manufactures in the region. Japanese companies should pay more attention on the situation.
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11464&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報