Departmental Bulletin Paper 1990年代のベトナム市場経済化と投資環境
Market-oriented Reform and Business Climate in Vietnam 1990s

小林, 守

12 ( 1 )  , pp.67 - 77 , 2017-03-31 , 専修大学商学研究所
ISSN:1880-8174
NCID:AA12145571
Description
1990年代はベトナム経済の市場経済化にとって,極めて重要な期間である。特にこの期間は西側諸国からの外国投資を受け入れるための国内的システムの基盤整備を試行錯誤しつつ,本格的に実施し始めた期間と言える[i]。重点対象として輸入代替産業を優遇し,先端技術分野,インフラ開発,石油化学,農村部への進出などのカテゴリーの投資を優遇した税率を定めるなど,政策上の重点分野を反映させるように改正されている。外国投資の受け入れはこうした政策実現のために必要不可欠であり,そのための外国資本認可手続きの簡素化,外国資本優遇分野を制定し,法制度も整備していった。今日のベトナムの経済発展の基盤づくりとなった1990年代の改革に焦点を当てる。
The political and economic reforms in 1990s are critically important for Vietnam. In this period, to induce technology and capital, various reforms were initiated by the government. Among them, tax preference and deregulation for foreign companies which invested in the prioritized sectors including high-tech industry, infrastructure, energy development and rural development was core reform. The reforms lead to in-flow of foreign capital and technical transfer to local industries in 2000s.
Full-Text

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11418&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

Number of accesses :  

Other information