Departmental Bulletin Paper 地域商業と多様な主体による緩やかなネットワークの形成 : 浜松市ゆりの木通り商店街を事例として
Flexible Cooperation Network between Local Retailers and Diverse Subjects : Case of Hamamatsu Yurinoki-dori Shopping District

新島, 裕基

12 ( 1 )  , pp.35 - 44 , 2017-03-31 , 専修大学商学研究所
ISSN:1880-8174
NCID:AA12145571
Description
本稿は,地域商業が収益確保と地域課題解決を両立する手段として取り組む外部主体との連携に着目し,持続的で実質的な連携関係を支える要因や課題について明らかにすることを目的とする。具体的には,これまでに筆者が連携の特徴に基づいて類型化した連携のタイプのうち,多様な主体を巻込みながら,緩やかなネットワークを形成して事業活動を展開しているタイプに焦点を合わせ,浜松市ゆりの木通り商店街を対象とする追試的な事例研究を展開する。その結果,建築家やアーティストなどの主体と連携して文化的活動の拠点としての役割を果たすことで,活動に興味をもつ客層が商店街に訪れ,彼らのニーズに対応するような新規出店が促進されるという循環が生まれていることを明らかにする。
This paper focuses on flexible cooperation network between local retailers and diverse subjects in order to analyze the practices and effects. The purpose of this paper is two things. One is to reveal the activity practices based on the cooperation from social capital perspectives. The other one is to obtain the implications for the effective way of cooperation to let both economic factors and social factors coexist in case of Hamamatsu yurinoki-dori shopping district.
Full-Text

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11415&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

Number of accesses :  

Other information