紀要論文 ベトナム中部村落における水害からの復興の履歴と枠組み
The Frame and Historic Accumulation of Community Reconstruction of Flood Disaster Area in Central Vietnam

大矢根, 淳

7pp.89 - 108 , 2017-03-15 , 専修大学人間科学学会
ISSN:2186-3156
NII書誌ID(NCID):AA12515455
内容記述
本稿は、ベトナム中部の(歴史)都市・フエ(Hue)の沿岸・ラグーンに位置する村落=クゥアン・フォック(Quang Phuoc)区における、水害の地域社会生活へのインパクトおよびその対応について、標準化調査(アンケート)および筆者のフィールドワークから、その実相を検討しようとするものである。フエ・ラグーン隣接漁村の日常生活、災害対応の基底には、古来からの災害に脆弱な社会環境(ソンターンの受容)と社会層(水上生活者)があって、そこに政府の被災者・被災地への眼差し・政策的対応の展開があり、その上に昨今では、国際的な防災システム構築支援が届き始めている。しかしながら、地球温暖化もその一因となって頻繁な各種浸水事案(高潮、洪水、台風)が続発しており、これが地元集落にとっては記憶・意識の上でも、また年間の生活スケジュールにおいてもデフォルトとなっていて、厳しい日常生活が続く。本稿では、そうした村落の被災対応の履歴と現状を、調査データから明らかにしていく。
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11092&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報