Departmental Bulletin Paper 経営学教育へのアクティブ・ラーニング手法の導入
Introduction of Active Learning Methods to the Business Administration Education

間嶋, 崇  ,  橋田, 洋一郎  ,  植竹, 朋文

87pp.17 - 24 , 2016-07-25 , 専修大学情報科学研究所
NCID:AN10237207
Description
近年,学生の能動的な学びを促す「アクティブ・ラーニング」と呼ばれる教育手法が注目を集めており,多くの大学において取り入れ始めている.しかし,いわゆる理系の科目においてはコンピュータを利用した様々な手法が提案されているが,経営やマーケティングの分野においては,その理論を実践化するプロセスを体験的に学ぶ手法についてほとんど提案されていないのが実情である.そこで本研究では,粘土やスキットなどを利用してこれらのプロセスを体験的に学ぶグループ学習の手法の提案を試みる.今回は,「エンパワーメント」や「組織的市民行動」,マーケティング分野における「8P」を対象に,提案した手法の効果の検討を行った.
In recent years, many universities have paid attention to the education method of "active learning", and begun to adopt it. But there is hardly any method of active learning in management or marketing theories. And so, in our study, we have tried to construct some methods of active learning in management theory. In particular, we have constructed 3 methods (group works) of "Empowerment", "Organizational Citizenship Behavior", and "8P (in service marketing)", and discussed the effect of these methods.
Full-Text

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10466&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

Number of accesses :  

Other information