紀要論文 航空機の利用を伴うエリアの宿泊業界における収益管理手法の変遷 : 沖縄及び北海道のホテルに対する質問票調査に基づく検討
Change of Revenue Management Practices in Okinawa and Hokkaido Area Hotels : A Questionnaire Survey

青木, 章通  ,  植竹, 朋文

6 ( 1 )  , pp.15 - 26 , 2016-07-20 , 専修大学経営研究所
ISSN:2186-9251
NII書誌ID(NCID):AA12562863
内容記述
本論文では,沖縄および北海道のホテル等の収益管理手法が,ネット販売の増加やインバウンド顧客の増加などの外部環境の変化に伴い,いかに変化したのかを質問票を用いて調査した。その結果,需要予測を伴う収益管理システムの導入が増加したこと,それに伴いレベニュー・マネジャーの権限が強化されていること,稼働率の向上のみを重視せずに収益の最大化を目指す傾向が強くなったことなどが明らかになった。
The objective of the article is to find out how revenue management practices in Okinawa and Hokkaido area hotels have changed in several years by external environmental change such as net agents rising, increase of foreign travelers. As a result of questionnaire survey, we found that many hotels have changed their way of revenue management to place more emphasis on demand forecasting process, revenue maximization rather than occupancy rate. Also, we found that the authorities of revenue managers increase along with revenue management practices change.
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10385&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報