紀要論文 形態素解析によるマーケット・セグメンテーションの試み : ファッション・ブランドによる分析事例より
An Application of Morphological Analysis for Market Segmentation

奥瀬, 喜之  ,  黄, 笠淇

11 ( 1 )  , pp.21 - 30 , 2016-03-31 , 専修大学商学研究所
ISSN:1880-8174
NII書誌ID(NCID):AA12145571
内容記述
近年,マーケティングにおけるテキスト・マイニングの活用の試みは広く行われるようになってきている。本研究はテキスト・マイニングのマーケット・セグメンテーションへの活用可能性を検討するため,形態素解析の結果に基づいたセグメントの差異の検出を試みる。具体的には,(1)得られた形態素を用いたクラスター分析による,セグメント間でのブランド連想の差異の捕捉,(2)精緻化見込みモデルにおける情報処理ルートの差異に基づいたブランド連想の差異についての検討,(3)年代間でのブランド連想の差異の検討(追加的分析)の3点を行う。
The purpose of this research is to examine the applicability of morphological analysis for market segmentation. In this research, we conducted cluster analysis to the result of morphological analysis. Using the cluster, we attempted to examine the validity of segmentation.
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10235&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報