紀要論文 中小企業の東南アジア進出におけるHRM 上の課題 : 異文化に対応することの重要性
Problem and Task of HRM Where Is South East Asian for Medium and Small-sized Businesses

塗茂, 克也

5 ( 1 )  , pp.25 - 35 , 2015-07-20 , 専修大学経営研究所
ISSN:2186-9251
NII書誌ID(NCID):AA12562863
内容記述
本研究は,近年大幅に増加している中小企業の東南アジア進出が成功するカギを人的資源管理(HRM)の視点から明らかにすることを目的としている。特に,現地文化に適応したHRM を実施することが重要であると指摘し,その内容を探索しようとするものである。グローバル展開を意図した大企業の人材マネジメントとは異なり,局所的に展開する中小企業の場合,現地文化との親和性が課題となる。それが,多くの中小企業が抱えている,現地労働力の確保やその能力・資質などの問題を克服するカギではないだろうか。そこで現地に根付いた人材活用の重要性を指摘する。
The purpose of this study is to clarify the keys that the South East Asian advance of the medium and small-sized business can succeeds from HRM. In this study, it is important that they can have HRM programs which understand local cultures .The characteristics of this study are to pay attention to local people and their customs.
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9079&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報