紀要論文 メコン地域のクロスボーダー生産分業の展望について : 東西経済回廊の現状を中心として
A View on Cross-border Roads and Production in Mekong Countries : East-west Economic Corridor and Economic Development

小林, 守

10 ( 1 )  , pp.105 - 110 , 2015-03-31 , 専修大学商学研究所
ISSN:1880-8174
NII書誌ID(NCID):AA12145571
内容記述
メコン諸国の経済発展によって国境をまたぐ陸上交通網が新しいビジネスチャンスをもたらそうとしている。生産工程の国境を越えた分業が陸上交通を介して,既存の生産拠点と新規の生産拠点のネットワーキングにより現実味を帯びてきたからである。これは「中国プラスワン」,「タイプラスワン」というアジアの生産戦略にも新しい戦略的なオプションを与える。本論ではその一つの例としてベトナム-ラオス間の「東西経済回廊」について実査した結果をもとにレポートする。
Economic development along the roads connecting Mekong countries including Laos, Vietnam, Cambodia and Thailand is emerging as an opportunity of business. Particularly, newly-built logistics infrastructure is an attractive factor because newly constructed crossborder roads provide foreign manufacturers with new strategic options in terms of networking their existing and new factories. The paper is an attempt to illustrate current situation of the Vietnam-Laos cross-border road, so called "east-west economic corridor” based on the field research in 2014.
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8602&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報