紀要論文 地方自治体による大型店規制に関する一考察 : 浜松市と静岡市を例として
A Consideration of Large Store Regulations in Hamamatsu City and Shizuoka City

川野, 訓志

10 ( 1 )  , pp.95 - 104 , 2015-03-31 , 専修大学商学研究所
ISSN:1880-8174
NII書誌ID(NCID):AA12145571
内容記述
近年,地方自治体による大型店規制が各地で実施されるようになってきている。主要な規制方法としては,①ゾーニング規制,②地域貢献計画の提出義務づけ,③広域調整,④その他に分類できる。本稿では,浜松市と静岡市で施行されているゾーニング規制を取り上げ,どのような経緯で制定されたか,規制の目的は何か,ゾーニング規制の方法,そのような方法を採用した理由などについて検討を加えた。これらの検討を通じて,ゾーニング規制では基準面積の決定に難しさがあり,社会的に受け入れさせるには様々な配慮が必要であること,またかなり厳しい規制を行う場合でも買物弱者対策にどの程度貢献するか不明な部分があるといった技術的な問題が残されていることが明らかになった。
Some local authorities regulate large store business in Japan. The types of regulations are as follows;①zoning, ②obligatory contributions to the area near large store site, ③integrated regulation of a larger region, and ④others. This paper treats large store regulations by zoning in Hamamatsu City and Shizuoka City. It examines the process to create the zoning, the purpose of the regulations, and the way and its reason of the zoning. These examinations shed some light on the difficulties of zoning as large store regulations. The regulaions for store size are main point of the issue, because local authority has to make land owners accept the zoning, although the effectiveness has not been proven yet.
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8601&item_no=1&attribute_id=15&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報