紀要論文 地域商店街活性化法の事業評価に関する分析視角 : 事例研究に向けた予備的考察
Analytical Viewpoint about Project Evaluation of the Act on Vitalization on Shopping Street : Preliminary Research for Case Study

新島, 裕基

10 ( 1 )  , pp.49 - 60 , 2015-03-31 , 専修大学商学研究所
ISSN:1880-8174
NII書誌ID(NCID):AA12145571
内容記述
近年,中心市街地活性化法や地域商店街活性化法といった商店街や「まちづくり」に関連する法律が,法律附則に基づいた見直し過程を迎えている。政策的支援には公的資金が投入されることから,法律による支援の在り方やその効果について検証することの重要性は改めて指摘するまでもないであろう。本稿では,地域商店街活性化法を対象とした事例研究に向けて,同法の運用実態を整理する。具体的には,認定を受けた「商店街活性化事業計画」の内容や,同計画内で掲げられている成果指標などに対する指摘事項を確認する。また,商店街の内部・外部環境の特徴によって,利用者の属性や利用目的が異なる可能性が高いことなどから,評価対象の商店街を類型化したうえで,類型ごとに事業実績や成果などを検討する必要性を指摘する。
Currently, laws about shopping streets and community development such as Act on Vitalization in City Center and Act on Vitalization on Shopping Street have been under the review process based on the supplementary. It is clearly important to verify the public support itself and the effect of the support driven by public investment for the city centers and shopping streets. In this report, as a preliminary research for the case study regarding Act on Vitalization on Shopping Street, the operational reality of the act was reviewed in terms of the content and performance index of the vitalization plans approved by METI. Following that, based on the characteristics of internal and external environment, the shopping streets were divided into different types. Lastly, the performance of vitalization plan for each type was discussed.
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8598&item_no=1&attribute_id=15&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報