紀要論文 人的資源管理制度の批判的検討 : E. E.Kossek = R. N. Block の研究との関連で
Critical Analysis of Human Resource Management System : In Relation to the Study of E. E. Kossek and R. N. Block

田中, 和雄

10 ( 1 )  , pp.25 - 48 , 2015-03-31 , 専修大学商学研究所
ISSN:1880-8174
NII書誌ID(NCID):AA12145571
内容記述
人的資源管理とは,人間を重要な資源と見なす,人事管理の比較的新しいアプローチであると考えることができる。本論では,そうした人的資源管理制度を批判的に検討することを課題としている。そのために,人的資源管理制度を批判する前提として,E. マッケナおよびN. ビーチの研究に基づき,人的資源管理を構成する概念ならびに主要な制度,すなわち,「戦略と組織構造」,「人的資源計画」,「業績管理」,「報酬管理」,「教育訓練・能力開発」,「従業員関係」を取り上げ,各管理制度の概念と具体的な制度内容を確認した。さらに,E. E. コセックおよびR. N. ブロックの研究を整理することにより,そうした制度の展開における局面の特徴を批判的に検討した。
Human Resource Management can be viewed as a comparatively new approach to Personnel Management which considers people as the key resource. In this paper, I have investigated the Human Resource Management System from critical view point. For this purpose, I have confirmed the conception and method of each system which is composed of Human Resource Management, and pointed out the issues of systems according to the study of E. McKenna and N. Beech. These systems are"strategy and structure", "human resource planning", "performance management", "reward management", "training and development", and "employee relations". And moreover, I have investigated the characteristics of spreads of each system according to the study of E. E. Kossek and R. N. Block.
本文を読む

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8597&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報