Departmental Bulletin Paper 過剰適応研究の体系化と今後の課題 : 過剰適応の防止に向けて
A framework of over-adaptation: For prevention of over-adaptation

小澤, 拓大  ,  下斗米, 淳

5pp.15 - 22 , 2015-03-15 , 専修大学人間科学学会
ISSN:2185-8276
NCID:AA12515444
Description
本論は, 過剰適応の防止への寄与という観点から, 過剰適応研究を, 1類研究:過剰適応が引き起こす問題の研究, 2類研究:過剰適応の生起・抑制要因の研究, 3類研究:過剰適応による悪影響の軽減や行為への補償の研究, 4類研究:過剰適応への介入研究, の四つに分け, それぞれの寄与の仕方とともに位置づけた。そして, そこから集団変数の導入という新たな研究指針を導出し, 類型ごとにその導入の仕方を論じた。
Full-Text

http://ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8409&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

Number of accesses :  

Other information