紀要論文 責任を弁識する能力のない未成年者が、サッカーボールを蹴って他人に損害を加えた場合において、その親権者が民法714条1項の監督義務者としての義務を怠らなかったとされた事例 ―最一判平27 ・ 4 ・ 9民集69 ・ 3 ・ 455 (民事)―
A Commentary on the Supreme Court Decision of 9 April 2015: Regarding Liability of Person Obligated to Supervise a Person without Capacity

三木, 千穂

内容記述
【判例研究/Case】
本文を読む

http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/3100/1/lawreview_25_137-144.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報