Departmental Bulletin Paper 児童期における 「友だち」 という存在の認識の発達的変化 ―小学校1年生から6年生までの6年間の作文の分析を通して―
Developmental changes in school children’s conceptions of friends : Qualitative analysis of writings from first grade elementary school to sixth grade

松永, あけみ

Description
児童期の 「友だち」 という存在の認識の発達的変化を明らかにするために、18名の児童の小学1年生から6年生までの6年間の作文を分析した。その結果、2年生頃から特定他者を 「友だち」 と捉え始めること、3年生頃から相互性の記述が見られ始めること、4年生頃から特定他者の 「友だち」 が増え、心理的な支えとしての存在として捉える者が増えること、6年生になると 「友だち」 の存在について一般論的な捉えをするようになることが明らかとなった。
This study analyzed 18 children’s writings from fi rst grade elementary school to sixth grade to identity developmental changes in school children’s conceptions of 「friends」. The analysis showed that children start to think of a particular person is to be friend from second grade, and from third grade, begin to recognizethe reciprocity of friendship, from fourth grade, increase a particular friend and think of a personthat becomes a psychological support a friend, and from sixth grade, think about the significance of friends.
【原著/Original Articles】
Full-Text

http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/3029/1/psycho_27_49-60.pdf

Number of accesses :  

Other information