紀要論文 青年期の自閉症スペクトラム障害者に対する社会参加支援 ―自発的な活動参加を促す条件―
Social participation support for adolescents and young adults with autism spectrum disorder: Conditions to promote participation in social activities on their own initiatives

川渕, 竜也

内容記述
本研究は、青年期の高機能自閉症スペクトラム障害(HFASD)者が自ら参加できる社会的活動の条件を検討することを目的として、平均して約7年、本学のフレンドシップ・プログラムに参加している6名のHFASDの青年を対象に、彼らが現在自ら参加している活動への参加理由などを調査した。彼らは、一人で活動するよりも楽しい、メンバーやスタッフが親切そうであること、活動の内容が興味関心のあること、活動の回数が多すぎないこと、などを参加理由に該当するとしていた。青年期のHFASD者が自ら社会的活動に参加する条件として、彼ら自身に他者と一緒に活動する意欲が育っていて、活動が興味関心のある事柄で見通しが持ちやすく、メンバーなどに受け入れられると感じられ、回数などの負荷が少なく人間関係の親密さをあまり求められないことなどが考えられた。彼らに対する参加支援の方法として、こうした条件を満たす活動の場を備えるとともに、そのことを彼らに伝える工夫などが必要であると考えられた。
This study was intended to examine conditions of social activities that adolescents and young adults with high-functioning autism spectrum disorder (HFASD) can participate on their own initiatives. We asked 6 young adults with HFASD reasons to participate some social activities in the past. They had decided whether to participate in the activities or not, depending on whether they were pleasant to be active with others than alone, other members and staff of them seemed to be kind, and contents of them were interesting. We considered that motivations to be active with others, interesting contents, appropriate cuesto participate easily, low frequency and no expectation to have close human relations were conditions of participation in social activities on their own initiatives. In addition, to support their participation in social activities, it is necessary to recommend them to make sure whether the activity meets the conditions.
【原著/Original Articles】
本文を読む

https://meigaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1521&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報