紀要論文 いわゆるファイナンス・リースによる延払条件付売買契約によって工作機械が売買されたが、買主が割賦金の支払を怠ったため、売主が契約を解除して目的物の引渡しを請求した事案において、解除後に残代金を提供した買主の受戻しの主張が認められなかった事例 (東京地裁平成24年9月25日判決(平成24年(ワ)第14006号動産引渡請求事件)・判例集未搭載)

山下, 良

32pp.233 - 249 , 2016-07-31 , 明治学院大学法律科学研究所
ISSN:2185-2278
NII書誌ID(NCID):AN10036169
内容記述
共同研究: 主要民事判例研究会
本文を読む

http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/2824/1/annual_legal_32_233-249.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報