紀要論文 東京高判平26・3・13高刑集67・1・1 ―「税関職員が犯則事件の調査において作成した書面は、検証の結果を記載した書面と性質が同じであると認められる限り、刑訴法321条3項所定の書面に含まれる。」との判断が示された事例―
Criminal Case Study: Tokyo High Court Judgment, 13 March 2014

渡辺, 咲子

内容記述
【判例研究/Case】
本文を読む

https://meigaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1930&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報