紀要論文 国際関係の変化と行為体論 ―「ずれ」と「もどかしさ」を手がかりに―
International Actors beyond a State-Centric Model

末内, 啓子

内容記述
【研究ノート/Research Note】
本文を読む

https://meigaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1294&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報