Departmental Bulletin Paper 変動相場制の変容: 日本の為替政策1973-1979
The Transformation of the Floating Exchange Rate System: Japan's Exchange Rate Policies, 1973-1979

リー, サンベック

48pp.25 - 47 , 2015-10-31 , 明治学院大学国際学部
ISSN:0918-984X
NCID:AA12017709
Description
日本の為替政策に関しては多くの先行研究があるが、70 年代半ばから後半までの期間を包括的に分析した先行研究は比較的少ない。そのため当該期間における為替市場と為替政策に関する全体的な流れを把握するのが容易ではない状況にある。本稿では、まずこの時期の展開を時系列に沿ってなるべく前後隙間なく理解できるように、先行研究を参考にしながら、その他の学術論文、政府刊行物、当時の新聞や経済雑誌の記事、回顧録を幅広く活用した。そしてその過程で、変動相場制と為替介入をめぐる当局者含む専門家達の認識が如何に変化し、その変化の要因が何であったのかを探った。結果、アメリカを筆頭とする海外からの圧力、保護主義台頭と市場開放への恐れ、投機資本による市場圧力、そして「国際金融のトリレンマ」による金融・為替政策上の制約が大きく作用したことを明らかにした。
【論文/Articles】
Full-Text

http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/2555/1/kokusai_48_25-47.pdf

Number of accesses :  

Other information