紀要論文 信用保証契約の主たる債務者が反社会的勢力であったことが契約締結後に判明した場合の錯誤無効主張の可否 ―広島高判平成26年9月10日金融商事判例1453号34頁―

伊室, 亜希子

内容記述
[共同研究 : 債権法改正を考える]
本文を読む

http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/2524/1/annual_legal_31_125-133.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報