紀要論文 保証人が主たる債務を相続したことを知りながら保証債務の弁済をした場合における主たる債務の消滅時効の中断 〔求償金請求事件、最高裁平二二(受)二五四三号、平25・9・13二小法廷判決、破棄自判、判例時報二二〇九号一〇二頁、民集六七巻六号一三五六頁〕

今尾, 真

内容記述
[共同研究 : 債権法改正を考える]
本文を読む

http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/2521/1/annual_legal_31_103-112.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報